News date menu

News tag menu

TYPO3 v11の最初の一瞥

TYPO3 v11 のシステム要件とリリース日。

2020年4月にリリースされたTYPO3 v10 LTSをお楽しみいただいている間、私たちは次のバージョンであるTYPO3 v11の開発を進めています。

今日はリリーススケジュールと最低要件に関するニュースをお届けします。

更新されたシステム要件と依存関係

サーバーの最低システム要件が上がります。

  • PHP 7.4+ (PHP 7.2-7.4 for TYPO3 v10 LTS)
  • データベースのサポート (依存関係のある Doctrine DBAL で定義されている)
    • MySQL 5.7 以降 (8.0 推奨)、以前は MySQL 5.5+でした。
    • PostgreSQL 9.4以降(9.6以上推奨)
    • MariaDB 10.1以降(10.4以上推奨
    • SQL Server 2012以降
    • SQLite 3 (PHP に付属)

対応ブラウザについては、現在のブラウザに対応しています。

  • Microsoft Edge (Chromiumベースのみ)
  • Mozilla Firefox
  • Safari + モバイルSafari
  • Google Chrome + Chrome for Android

また、依存関係を更新して、以下のライブラリを必要とします。

  • Doctrine DBAL 3.0
  • symfony 5.2以上
  • Twitter Bootstrap v5
  • コンポーザーベースのTYPO3インストール用のComposer v2

TYPO3 v11 LTSの全体的な目標

TYPO3 v11では、以下のハイレベルな目標を達成することを目指しています。

  • TYPO3 v9およびTYPO3 v10インストールからの迅速かつ簡単なアップグレードパス
  • 編集者や管理者の操作性の向上
  • TYPO3バックエンドのアクセシビリティに注力

合理化された認証

特集ハイライト

私たちは多くの機能を計画しています。そのほとんどは暫定的なもので、コミュニティとして何ができるかによって変更される可能性がありますが、いくつかはすでに決まっています。

TYPO3バックエンドのためのリンク共有とディープリンキング

エディターは、電子メール、インスタントメッセージングなどを介してアクティブモジュールへのリンクを共有することができる。右のアクセス権限を持つ編集者がリンクをクリックすると、TYPO3 Backendに同じページが表示される。

多要素認証

セキュリティ強化への注力は、TYPO3 v11でも継続される。大きな要因の一つは、管理者や編集者が二次デバイス(二要素認証)を使用してTYPO3 Backendへのログインを確認できるようにするための認証システムの強化です。また、ウェブサイト上のフロントエンドユーザーに対してもAPIを有効にすることができます。

改良されたTYPO3バックエンドの体験

Structured Content InitiativeアクセシビリティチームはTYPO3 Backend全体でより良い、より使いやすい機能を提供するために多大な努力をしてきましたので、編集者や管理者にとってより直感的で使いやすいTYPO3 Backend体験へと移行します。

多くの変更点は微々たるものですが、全体的なバックエンド体験はよりスッキリとしたものになるでしょう。さらに、TYPO3協会の最新の予算案により、いくつかの素晴らしいアイデアがもたらされ、その多くがTYPO3 v11に含まれる予定です。 これらの変更は徐々に行われ、各マイナーリリースには、新しく更新されたユーザーエクスペリエンスの改善が含まれる予定です。

APIの変更点

私たちは、Extbaseフレームワーク、認証プロセス、Composerのサポートの改善、ワークスペースのためのコンテンツの永続性を改善しています。いくつかの変更はサードパーティの拡張機能に影響を与えますが、2020年12月までにはこれらの変更を準備できるようにすることを目指しています。

リリース日とサポートタイムライン

例年から慣れているように、必ず火曜日にリリースする予定です。

バージョンリリース予定日計画された変更点
TYPO3 v11.02020年12月22日新システムの要件とブレイキングの変更
TYPO3 v11.12021年2月23日 多要素認証
TYPO3 v11.22021年5月4日TYPO3バックエンドのためのリンク共有
TYPO3 v11.32021年7月13日定義されること
TYPO3 v11.42021年9月7日フィーチャーフリーズ
TYPO3 v11.5 a.k.a.
TYPO3 v11 LTS
2021年10月5日LTSリリース

各TYPO3スプリントリリース(v11.0~v11.4)は、次のマイナーバージョンが公開されるまでサポートされます。TYPO3 v11 LTSは2023年4月30日までバグフィックスがサポートされ、2024年10月31日までセキュリティバグフィックスが提供されます。

今後数ヶ月の間にTYPO3 Coreに搭載される新機能にご期待ください。