News date menu

News tag menu

Category list

TYPO3 Phoenix Sprint Release 5 リリース情報(和訳)

TYPO3フェニックススプリントRelease5を発表できまして、TYPO3コアチームは喜びんでいます。 このバージョンは150以上の基本的なワークスペースサポート、実際のビジュアル・デザインの最初の実現、一層の変化、などを改良し、取り入れています。

デザイン

このスプリントでは、TYPO3ユーザーインタフェースのために実際のビジュアル・デザインを実行し始めたものです。 最初の結果として、ログインスクリーンは今、TYPO3フェニックスに思い描くオールニュールックな感じになります。 次のスプリントをする前に皆さんが心待ちにするくらいの好印象が持てるデザインであることを願っています。
non-visible側では、多くのコンセプトや技術的な面で確実に解決するのに必要な挑戦になり、TYPO3 UIでは、すべての重要な局面でもお任せください。
第三者アプリケーションで、テーマにしました。
私たちは、ダイナミックなスタイリングにSASSを使用していて、それがいったんリリースされると、特徴がExt JS4に含んだ新しいSASSのテーマリングを利用するつもりです

ワークスペース

ワークスペースの上出来なインプリメンテーションは、コンテンツマネージメントシステムに関する重要な特徴とセールスポイントです。
そしてワークスペース(または、バージョニング)が複雑な話題でもあったのでフェニックスプロジェクトの、まさしくその初期段階を確実にしました。
このスプリントをリリースはいくつかの基本的なワークスペースの機能性を特徴としています。
私たちの編集概念によると、直接ライブウェブサイトに関する内容では決して編集はしないでしょう。
TYPO3にログインするとき、自身の個人的なワークスペースで働きます(共有されるのとグループワークスペースが私たちの道路地図にあります)。
いったん内容を編集し終えていると、簡単なボタンのクリックですべてで変化を発行(パブリッシュ)できます(一方、より洗練された作業フローは後のバージョンのために計画されています)。
このスクリーンキャストでTYPO3フェニックスワークスペースが動作中であることを見てください:

 

機能テスト

グループの機能か機能を保証するのに、ユニットテストは重要です。
しかしながら、アプリケーションの大部分が検査されたユニットであっても、システムのユーザが実際にそれを使用できることを示していない場合もあります、-
また、機能テストによって総合的な機能性をテストする必要があります。
FLOW3バージョンは現在のこのスプリントをリリースすると共に特別番組の形における機能テストサポートが独力で進む特徴とベーステストケースをリリースすることにしました。
TYPO3CRとTYPO3のAPIをテストするためのこの新機能を利用するのを計画しています。

マネージメント・ビュー

TYPO3フェニックスUIのマネージメントタブはTYPO3「リスト」モジュールの後継者になるでしょう。
このスプリントでは、必要なデータを提供するためにサーバ側をほとんど準備し、既にTYPO3ウェブサイトのページを含む基本的なノードツリーを開発しました。
更なる特徴が次のスプリントがある間、現れるので、それを見守ってください!

RESTとExtDirect

スプリント5の別の話題はウェブサービスのサポートです。

私たちは統一されたサービスアーキテクチャと後のバージョンで容易に、他のアプリケーションに対するサービスをREST、ExtDirectまたはSOAPに提供すると考慮するコンベンションを計画しています(そして、一部インプリメンションされます)。
RESTサポートは完全にまだ終わっているというわけではありませんが、ノードサービスを利用することによって、既にテスト・ライドをすることができます。以下にあるURLから見つけることができる
ます。yourhost/typo3/service/rest/v1/node/live/phoenix.demo.typo3.org/homepage.json

次回のリリース

次のスプリントのための焦点は、特徴を私たちがスプリント5で始めたビジュアル・デザインを終えるか、または安定させることです。
特にリポジトリー(倉庫)部分は適切なテストを欠いています。そして、UIには次の数週間取り除きたいと思います。
12月22日にTYPO3 Phoenix Christmas Editionをリリースするつもりです。
PS: リリースノートの作成はTYPO3 4.4ワークスペースとcake'n'coffeeによって支持されました。